2005年05月30日

障害者らが地域で生活しやすく JIS絵記号を制定 経産省

http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20050528&j=0045&k=200505285848
会話や筆談が難しい知的障害や自閉症児者、認知症高齢者とのコミュニケーションに活用するため、経済産業省が絵記号デザインの日本工業規格(JIS)を制定した。統一した絵を介し意思を伝え合う。普及はこれからだが、同省は障害者の地域生活促進に役立てたい考えだ。
 自閉症児者の家庭や学校では生活や作業の手順を示したり、意思表示するのに、絵や写真を利用している。この工夫を生かし全国共通のデザインを目指すのが、四月に決まった規格。絵記号は正方形で白黒。「面と線で表現する」などの基本原則を定め、人物や行動、感情など二十四項目約三百種類作成した。
 絵記号はカードにして持ち歩いたり、公共機関や商店に置く。買い物なら欲しい物の絵記号を示して使う。また「おなかが痛い」「医師」「どこ」を順に示せば、「腹痛で病院を探している」と、伝えることもできる。
 ただ、この規格は道の障害者担当部門も「内容をよく知らない」ため、普及に時間がかかりそうだ。経産省は「絵記号は外国人でも利用できる。カナダなどにもあるが、世界共通のものはない。いずれはJIS規格を国際標準に提案を」と話す。
 基本原則は日本工業標準調査会(JISC)のホームページ(http://www.jisc.go.jp/)で閲覧できる。絵記号は共用品推進機構(http://www.kyoyohin.org/)から無料でダウンロードし、使用できる。

これはいいですね。見てみます。
posted by papa at 12:36| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。