2005年04月25日

シリコンバレーのプリスクール事情

http://nb.nikkeibp.co.jp/members/WORLD/20050415/107587/
米カリフォルニア州では5歳児の通う幼稚園(kindergarten)は義務教育で、読み書きを教え始めるなど、どちらかというと日本の小学校1年目のイメージに近い。子供たちが幼稚園に上がる前の1〜3年を過ごすのが「プリスクール(preschool)」で、最近、このプリスクールに子供を入れることが、後の人格形成や学業、ひいては社会全体の安定に大きく貢献するといった調査結果が米国で相次いで発表された。人種や価値観が多種多様なシリコンバレーでは、プリスクールの種類も豊富だ。

▼マイルストーンズの試み
中でも昨年9月に開設された「マイルストーンズ・プリスクール(Milestones Preschool)」は、これまでにない新しい試みとして注目を集めている。スタンフォード大学やコンピューター会社のヒューレット・パッカード(HP)などが居を構えるパロアルト市にある同校は、障害のある子供と健常児がいっしょに遊び、学ぶことを目的としている。現在の生徒数は週2日と週3日の2種類のクラスで合計27人。このうち9人がダウン症や小児麻痺、自閉症といった障害を持つ子供たちだ。

(中略)

▼健常児の親にも好評。その秘密は「75対25」
一方、健常児の親たちも大満足の様子だ。2歳半のデイビッド君の母親のメリーさんは「息子は学校で友達を助けることに大きな喜びを感じているよう。長い時間、物事にフォーカスできるようになったほか良いことがいっぱいあり、他の(健常児の)親たちに対しても学校を積極的に勧めている」と言う。マイルストーンズ校では、すべての子供に目が行き届くためには健常児と障害のある子供の比率を「75対25」にとどめることが経験上、必要であるとしている。現在、入園を希望する障害のある子供たちはウェイティングリスト待ちで、クラスを増やすためには健常児の数を増やす必要があるため、同校では今年から積極的なマーケティング活動を展開する計画だ。

日経ビジネスEXPRESSからの引用です。読めない方、ごめんなさい。
健常児にもいい影響があるみたいですね。これは幸せな学校だと思います。いいですね。
posted by papa at 22:19| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自閉症 はラグーンネット通販館

http://www.lagoon-net.com/shopping/400/kenkoufood/jiheisyou/
自閉症の通販(通信販売)
ラグーンネット 健康食品 館 へようこそ!!人気商品、こだわり商品など取り揃えています。
このページは、自閉症をご紹介しています。

なんか、ひどい見出しですね。
posted by papa at 14:33| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『完全に治ることがありません』

一連の自閉症関連サイトの中には、自閉症は完全に治ることがありませんと書いてあることが多いけれど、それは言い過ぎだといつも思う。
現在の医学では、完全に治す方法が見つかっておりません。程度のことではないか、と思っている。
原因もわかっていないのに、なぜ治らないとわかるのだ。
posted by papa at 13:39| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月18日

自閉症の原因、3割が誤って認識…初の全国調査で判明

http://www.yomiuri.co.jp/main/news/20050418i206.htm
対人関係を築くのが困難で特定の物事に執着するなどの特徴がある自閉症の原因について、3割の人が「心の病」や「親の育て方」などと誤って認識していることが、日本自閉症協会(東京都)の初の全国調査で分かった。
本来の原因は脳の機能障害とされ、今月から施行された発達障害者支援法の支援対象でもあるが、調査では、約2割の親が自分の子どもと自閉症児が一緒に遊ぶことに不安を感じていることも分かり、地域社会での受け入れになお課題が多い実態が浮かび上がっている。
調査は、同協会の会員を通じて全国3000人を対象にアンケート方式で行われ、1450人から回答を得た。調査結果によると、自閉症の存在はほぼすべての人に知られていて、その方法は、テレビ(55%)と新聞(22%)が圧倒的に多かった。
しかし、自閉症の原因について正しく理解していたのは全体の6割に過ぎず、心の病(23%)、遺伝(5%)、親の育て方(3%)と、誤った認識の人が全体の3割を占めた。特に、誤った認識の人は20歳代までの若年層に多く、60歳代以上の世代では、乳幼児期の不適切な教育が原因と考えている人が多かった。
一方で、学校に自閉症児を受け入れる特別支援教室があることや、自閉症の人が近くに住んでいることについて、抵抗感のない人は全体の9割に達した。
しかし、保育園や幼稚園で自分の子どもが自閉症児と一緒に遊んだりすることについては、「不安がある」と「いやだ」で計20%に達し、理解は示しつつ直接的な接触は避けたいと考えている親の心情を浮き彫りにした。
同協会の須田初枝副会長(社会福祉法人けやきの里理事長)は、「今回は協会関係者を通じた調査だったが、障害と犯罪を関連付けた一部報道などで誤ったイメージが植え付けられた側面もあり、純粋な無作為抽出ならもっと厳しい結果だったはず。正しい理解を広め、地域社会で生活できる環境整備を急ぐべきだ」と訴えている。

◆自閉症=言葉が遅い、対人関係が築けない、活動や興味の範囲が狭いことなどを特徴とする障害。脳の機能障害が原因と考えられる。日本自閉症協会によると、全国に推定36万人。知的障害を伴わない高機能自閉症など含めると120万人にのぼる。発達障害者支援法は、自閉症や学習障害などを初めて障害と認定。乳幼児期から成人に至るまで、年齢に応じた地域での支援を目指している。


Let's ポジティブシンキング!

『三割が誤って認識』ではなく『七割の人がほぼ正しい認識』とすべきではないだろか。
比較資料がないから推測だけれど、数年前に比べれば、驚異的な伸びではないんだろか。やはり、テレビや漫画の影響が大きいと思う。

特に、周りにそういう人が住んでいても抵抗がない人が九割いるとか、自分の子供が自閉症の子と接触することに不安やら嫌だと思う感情を持ってる親が二割しかいないという現状は、朗報だと思う。

甘い?
posted by papa at 17:32| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月13日

韓国の新聞から

http://japanese.joins.com/html/2005/0412/20050412212816100.html
韓氏は1年後に書いた『馬に乗った者は消え去る』との小説で、拷問について「人間が人間であることを放棄し、単なる動物になるようにする」と要約した。 自身を拷問した地にうんざりし、外国へ向かった同氏は、死の道から帰ってきて、著述した。 「できるだけ国民を自閉症に追い込むことが、権力を維持できる最もやさしい方法だ」。
軍部独裁のもと、自閉症を病んだ大韓民国人は多かった。 酒を飲むとき失言した罪で逮捕されることが増えたため、「どぶろく保安法」との言葉まで登場した。 一杯飲んだ勢いでタクシーの後ろの席で、大統領の悪口をしたところ、警察署の前に降車される、という時代が、言葉を消えさせた。 言葉がなくなった社会は、奇怪に寂寞で、恐ろしく腐りつづけた。

一部しか引用してませんが、韓国ではまだ自閉症に対する意識が少ないのか、あるいは日本語に翻訳した方の意識が少ないのか、よくわかりません。

こういった『誤用』に対して、逐一対応をされてる方の熱意には、頭が下がります。
posted by papa at 12:54| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月07日

日本障害者協議会(JD)

http://www.jdnet.gr.jp/

Japan Council on Disabilityなので『JD』だというのだけれど、普通に考えると『JCD』あるいは『JCOD』ではないんだろか。なんで? > 知ってる方
posted by papa at 15:29| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月04日

ろう学校教諭、生徒にわいせつ行為で懲戒免職…愛知

愛知県三河地方の県立ろう学校の40代の男性教諭が、同校中学部の女子生徒の体を触るなどのわいせつ行為をしたとして、3月16日付で懲戒免職となっていたことが3日、わかった。
県教委によると、教諭は昨年秋の修学旅行で宿泊したホテルで、「悩みがあって寝つけない」と、携帯電話にメールを送ってきた女子生徒を自分の部屋に呼び、体を触るなどのわいせつ行為をした。
今年に入って女子生徒の知人を通じて学校に連絡があり、発覚した。教諭は「深夜たまたま2人きりとなり、つい触ってしまった」と釈明しているという。
県教委では、監督責任を怠ったとして、同校の校長も文書訓告処分とした。

あまり暗くなるようなことを書きたくないとは思うのですが、キツいですね。親御さんのことを思うと、涙が止まりませんです。信じさせてくださいよ。たまには。
posted by papa at 15:27| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

30年寿命が延びるかもしれない薬が開発される

http://azoz.org/archives/200503311139.php
イギリス・アバディーン大学のジョン・スピークマン教授が、もし人間に投与した場合、寿命があと30年延びる可能性がある薬の開発に成功したとのこと。

自分で飲んで、子供の面倒を最後まで見られるようになれたらいいなとは思う。その場合、子供には飲ませないわけだが。
posted by papa at 11:31| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

また聞き

これはまた聞きの話なので曖昧なのだけれど、民主党が自転車に子供を乗せる場合子供にヘルメットを義務づけるべきだとかそういう法案を出すとか出さないとかの話をテレビでやっていて、そのテレビに出演していたアナウンサーだか誰かが「それではある種の障碍のある子みたいですよね」的なことを言って、まぁ要するに「そういうのは嫌ですよね、みなさん」的な言い方をしてたのがかんにさわったというだけの話でございます。
posted by papa at 11:26| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。